道路施設基本データとは?
「MICHI」システムの構築に伴う基礎資料となるものが道路施設基本データです。
「MICHI」システム(道路施設管理データシステム)とは道路管理を迅速かつ効率的に行うために、国土交通省では、多種多様で膨大な道路施設管理情報を有効に利用するため、データベースシステム「MICHI」を、全国で統一した考えの下に構築したものです。
道路施設基本データ作成の流れ
道路施設基本データ作成の流れをご説明いたします。
当社では下記の全ての作業を代行致します。

 事前準備?
工事関係資料(数量総括表、工事平面図等)を
審査機関に工事資料を提出します。

※審査機関とは道路施設基本データの妥当性を審査する機関であり、
(財)道路保全技術センターが担当しています。
 ダウンロード
審査機関HPよりマニュアル等をダウンロードします。
  道路施設基本データ作成要領
  道路施設基本データ作成支援システム利用マニュアル
  道路施設基本データ作成マニュアル
  道路施設基本データ作成支援システム
 対象工種一覧表の受領  
基本データを作成する対象施設一覧が審査機関より提示されます。
 基本データの作成
道路施設基本データを作成します。
  道路施設基本データ(数値・文字データ)
 ● 道路施設基本データ総括表
  道路施設基本データ一覧表
  道路施設基本データ詳細表
  道路施設平面図
  道路施設一般図
  現況写真
  道路施設基本データ作成数量表
 工事監督出張所へ提出
各工事の当該出張所(発注者)へ基本データを1式提出し、
データ照合の後、確認依頼書に印をもらいます。

 ● 確認依頼書
  数量表
  基本データ一式(紙)
  データCD
 審査機関へ提出
審査機関に道路施設基本データ一式び、確認依頼書を提出し
審査を受けます。
 審査結果確認書の受領
審査に合格すると審査機関から審査結果確認書が発行されます。
データに不備がある場合は、データを訂正し再度審査を受けます。
完成
発注者に電子納品要領(案)に従い所定のフォルダに格納し納品します。


株式会社ワンズ・ベスト
  • ・電子納品
  • ・イメージアップ
  • ・電子納品支援
  • ・HP作成
  • ・MICHIシステム
  • ・道路施設基本データ etc...

建設業の強い味方! 電子納品からイメージアップまで現場のお悩み解決します!